Pulama Field

涸沢〜北穂高岳

2014/09/19 Fri 09:10

昨年はほぼお休みしていた山登り部。

今年は、にわか復活いたしました!

いつものメンバーに誘われて行った蝶ヶ岳。

R0004151 - 2014-09-06 12-01-52

こんな景色を見た後、お天気がまたよくって!!
いてもたってもいられずに、ずーっと行きたかった北穂高岳へ行ってきました!


河童橋からの穂高連峰。

お天気がよすぎるくらいで、期待がふくらみます^^

R0004224 - 2014-09-12 08-08-03

屏風岩もよくみえる^^

R0004233 - 2014-09-12 11-22-51


一昨年、テント泊をはじめようといろいろそろえて
いたので、やっと活躍しはじめたざっく。75リットル。
大きすぎるんじゃ?と思ったけれど、このくらいないと
いろいろ入らなかったり^^; パッキングの技術をあげなくちゃ!


岩場のテント張りは初。なかなかに悪戦苦闘(笑)
二人用のテントは場所を選ばないとうまくはれないですね〜!
コンパネも無事にゲットできて、寝るには問題なさそう^^

R0004240 - 2014-09-12 15-18-48

テラスで生ビールとおでんを頂いてからの夕ご飯作り。
もう上はだいぶ寒くなっていてので、ダウンの重ね着


R0004250 - 2014-09-12 17-37-16


夕食メニューは、しいたけのコンビーフつめ、コンビーフとキャベツのデミチーズ焼き。
アルファ米、ロールパン。にビールも。寒いけど飲んじゃう( ´艸`)

R0004258 - 2014-09-12 17-45-00


がっつり食べて、翌日の活力に♪
(だから、私は登山後に太っているのよね〜。。( ̄∇ ̄;)フフ)


翌朝も晴天!

R0004273 - 2014-09-13 05-31-44

お天気いいね〜!と気分よく朝食を食べて♪

R0004279 - 2014-09-13 05-46-59


準備をして、北穂に向かいます!

R0004283 - 2014-09-13 05-49-57


今回はアタックザックで。一昨年買ったヘルメット、やっと使えた〜!

R0004286 - 2014-09-13 07-05-14


今は、ヘルメット装着率高いですね!
他のみなさんもしっかりつけていらっしゃいました。
安全第一♪

さて、気をつけていってきまーす!

結構な急登り。
加えて途中からは、岩登り♪

R0004293 - 2014-09-13 07-46-55


岩登りは好きなので、なかなか楽しい^^

R0004299 - 2014-09-13 08-57-54


くさり場やはしごも。

R0004347 - 2014-09-13 12-03-40

くさり場やはしごでは、渋滞もおきていました。
今はどこの山も人気で混んでいますね〜!


R0004311 - 2014-09-13 09-27-31

目指すは北穂山頂!だけど、行ってよかったのはこちら。
南峰。涸沢岳への分岐からあがったところです。


奥穂高と前穂高が一望。美しい。

そして、ここも!

R0004317 - 2014-09-13 09-37-39

ここからは、北穂高の山頂や槍ヶ岳がよくみえます!
すっごくきれいで感動!!


槍の向こう側までくっきりと♡

R0004321 - 2014-09-13 09-43-43


こういう景色がみれてしまうから、また山に来たくなってしまいますね♪


その後、無事に北穂高の山頂に到着。
人がたーっくさーん!(笑)


で、北穂高山荘のテラスで、コーヒーブレイク中。
ここで、景色を見ながらコーヒーを飲むのが夢でした

R0004332 - 2014-09-13 10-22-17


休んでいる間も大キレット方面からはたくさんの方が登ってくる。
一度行ってみたいと思っていたけど、ほんものをみてみると、
ひー( ̄Д ̄;)って。

無事に登ってこられる度に、心で拍手しておりましたよ〜!
みなさんすごいわ!!


この高度感がうまく伝えられないのがくやしいですが、そりゃー、すごいところでしたよ^^;

R0004333 - 2014-09-13 10-55-25


ガスもあがってきたので、戻るとしましょう!

こうやってみると、荒々しい山ですね。

R0004336 - 2014-09-13 11-06-41


楽しい時間をありがとう!

家に無事に帰るまでが、登山!気をつけて下山します^^

ここまでくると、ちょっとほっとする涸沢のテント村。

秋の晴天の日はぞくぞくと登山客が入ってきていて
テントに戻ると周りは大賑わいでした^^




R0004349 - 2014-09-13 12-48-38

やっぱり山は楽しいな♡
元気をもらって帰宅しました。


帰ってくると、まだここ行ってないな〜とか
地図を見るのがたのしい♪
次は来年かな。秋は里山を楽しみたいと思います



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ


*マッサージについてはPulama Field のHPをご覧下さい。
山の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

上高地 徳沢キャンプ♪

2013/09/05 Thu 11:52

新しいザックやテントを買ったので、おためし&宴会をかねて山友達と総勢9名で
上高地の徳沢までテント泊をしに出かけました!(一か月ほど前に。。。。( ̄∇ ̄;))

徳沢までしかいかないけれど、早々に駐車場に到着!
なんか雲行きが怪しくなってきて。。。
タクシーで上高地に向かうことにしました。

目的はテント泊と宴会で、頂上には登らず。なのはわかっていたので
山の上には持っていけない程の食料とお酒、その他飲み物、ご自慢道具などなどを
いっぱいつめて出かけました
ザックの重さは私は14キロ強。旦那さんは20キロ弱くらいかな?
全員がそんな感じなので、タクシーの運転手さんには縦走するように見えたらしく(そりゃそうだw) 
『お客様達はどちらへいらっしゃるんですか?何泊の予定で?』
と聞かれ、全員が一瞬回答に困った (* ̄m ̄)プッ
だって、『一泊の予定で徳沢までです!!』 ってちょっとはずかしー
言いましたけれども( ̄∇ ̄;)フフ

そんなこんなで、8時前にはビジターセンターに着きました!
しばらくすると。。。もう笑っちゃうくらいの雨が!!
こんな中行きたくないね〜。。と全員一致で、何もしてないけど、とりあえず休憩。

早くからお店がやってて助かりました!
お仲間のお一人なんて朝ビール!それもいいね♪

雨があがったところで、出発です。

徳沢までは、ゆ〜っくり歩いて3時間ほど。
途中、ザックのゆるみやら体へのフィット感やら
自分が背負える限界を感じながらてくてく。
私は12キロくらいが限界かも。。。14キロだとちょっとした坂道さえもきつかった!
あとは訓練しないとだめですね〜

11時頃到着です!

徳沢5


タープをはってもらって、そのまわりを囲むように
それぞれのテントを設置。

徳沢2

我が家のnewテントはこれ♪

徳沢1

まだまだささっとははれません。練習しなくっちゃ!

12時頃から宴会開始です!

みんなそれぞれ何品も持ってきているので、その豪華さったら!
ある人は、鉄板までもってきてくれて焼き肉♪
お裾分け頂きましたよ
タンやらカルビやら、贅沢すぎます!

こちらは私が持参した厚切りベーコン。
これもビールとあってすっごくおいしかった〜♪

徳沢3

オクラやしいたけなどの野菜もね♪


私たちの冷蔵庫! 
ひえひえになります。ほんっとビールがおいしすぎた!

徳沢4

こんなことを夜の9時頃まで延々とw
なんて楽しいんだ!

その後はこれまたあたらしいシュラフや、その他グッズの使い心地を
酔っ払いながらも確認しつつ就寝。快適でした♪

山の上も最高なんだけど、徳沢もほんっと最高でした!
また行きたい

でも。。
せっかくいろいろ買ったのに、今年はわんこがいるので山にはあまり行かない予定。。。

無計画。。( ̄∇ ̄;)フフ
そのかわり、犬連れキャンプに繰り出す予定!
それもすっごく楽しそう!

まだ9月。素敵な景色を見に、どこかに日帰り登山に行きたいな〜♪




*PPTについてはPulama Field(プラマ フィールド)のカテゴリをご覧下さい。
山の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

栂池自然園

2013/08/08 Thu 11:05

一ヶ月以上も前になってしまいましたが。。。

栂池自然園に行ってきました!
今年は山でのテント泊もしたいね!と大きめのザックとテント、
その他もろもろテン泊に必要なものを買いそろえました!

山頂にはいかなくても、山でテントはってみたいね!ということで
練習で白馬大池まで行ってみることに

あまりよいお天気ではなかったのですが、このときは景色は二の次だったので
どんどん上へ向かいます!

栂池自然園5

ちなみに。。この日のザックの重さは
私が12キロ
旦那さまが15キロ でした。

テント泊だと一気に重みが、、、
いつも軽装で早く登るスタイルだった私たち。
登るスピードが変わってくるので、計画するときには時間配分をきをつけなくっちゃ。
雪が溶けて流れ出しているので、川になっている登山道。
道の脇には水芭蕉がたくさん咲いていました。

栂池自然園1

1時間半ほどで天狗原に到着。お天気はやっぱりいまいち。。。

栂池自然園3

ここでお昼〜♪ 手軽にラーメンです。

栂池自然園2

いつものポテチも持ってきました。

栂池自然園4

この時点で袋はパンパンです!


ザックの中身は、主に私が食料担当。旦那さんがテント担当。
山仲間には、『自分だけ生き残れるように計算してるな?w』
とさんざんいわれますが、決してそんなことはございません!

でも、だんだん荷物が軽くなるのは私 ヾ(≧▽≦)ノ おほほ。
旦那さま、いつもありがとう

家を出てくるのが遅くなったので先を急ぎます。

白馬大池に行くには、白馬乗鞍岳という山を越えないといけません。

この後雪渓がでてくるんですが、私たち、重大なことに気がつきました!!!

なーんと!! アイゼンもってないじゃん!

ありえない!6月の栂池・白馬方面の山には雪がいっぱい。。
年中アイゼンを持っていてもいいくらいなのに、忘れてきた。。。

ザックを代えたので、他のザックに入れっぱなし簡易アイゼンを入れてなかった。。。

それでも!と思って登ってみたものの、霧で先がみえず、登るにつれ雪が堅くなり、急登になり
足場を作るのに3,4回は蹴り入れないと安全に登れなくなってきました。
足場作りに時間をとられると、荷物が重いこともあって体力の消耗が激しく。。。

泣く泣く撤退。このときの私たちには危ないとの判断です。

なんてあほだったのかしら。。。( ;∀;)
荷物確認はしっかりしようと誓った私でした。

帰りも、ロープウェイの最終にはのらないといけないので、
ちょっと急いで降りてきました。

そしたら、栂池自然園をちょっとみれるくらいの時間の余裕ができたので
早速みてきましたよ〜

満開の水芭蕉。せめてこれだけでもみれて本当によかった!!!

栂池自然園6

栂池自然園7

栂池自然園8

切なかったけど、自業自得。
とっても勉強になった一日でした。

栂池自然園。今はどんなお花が咲いているのかな??
リベンジにいかなくっちゃ!





*PPTについてはPulama Field(プラマ フィールド)のカテゴリをご覧下さい。
山の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

富士山山開き

2013/07/01 Mon 08:50

世界遺産に登録後の富士山山開きの日ですね

朝からテレビでも、山開きの話題でもちきりでした

お友達のRさんからもコメントで「富士山は登頂済みかしら~?」とご質問を頂いておりましたが、
はい!小学校6年生の時に父親と登ってきました!

あの頃は、登山は下火だったのか。。。
今聞くようなご来光渋滞は皆無。混雑もなかったように思います。

ほんとはやってはいけないんだと今は思うのですが、
夜中に登り始めて、ご来光を頂上でみてから下山するという富士山日帰り登山でした。

父親も登山が大好きで長年北アルプスばかり登っていたし、
私は私で田舎の野生児でしたので。。。脚力があったんでしょうね~
休憩を一回しただけで、高山病もなく登り切りました。
しかも、スニーカーに学校ジャージ、その上にトレーナーという軽装で。。
これ、ほんとにほんとにやってはなりません!!
装備はちゃんとして、靴もちゃんとしたもので是非行かれて下さい。

山の知識もほとんどなくて、山頂があんなに寒いものとは知らずに
震えていたのを今でも覚えています。ご来光の記憶より、むしろ寒い記憶!(笑)
あ、ご来光はほんとすばらしかったんです。みんなが万歳三唱をするのにもびっくり!

「お父さん、山に何度も行っているんだから、山頂は寒いっておしえてくれたらいいのに~」
って思ってました

今年もたくさんの方が登られるんでしょうね!
安全で楽しい登山となりますように





*PPTについてはPulama Field(プラマ フィールド)のカテゴリをご覧下さい。
山の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

焼岳

2013/06/25 Tue 14:41

もう2wks以上前の6/9ですが。。
焼岳への日帰り登山へ行ってきました!
標高2,455 mの活火山。日本百名山に選定されていて、別名は硫黄岳。

行ったことなかったの?とよく言われますが。。はい! 
初焼岳

新中の湯ルートを上ります。
登山口の駐車場があまりないとのことで、6時半には登山口へつけるように出発。

焼岳

よいお天気です。

梅雨の晴れ間に登る山は、きれいな緑が見えるとのことで楽しみ♪

焼岳

まだ雪もちらほら残っています。

焼岳

トレースがあるので、アイゼンははかずに登りました。

焼岳

上はいちめん雪渓で覆われてます。
焼岳のシンボル? の煙がみえますね〜♪


焼岳


焼岳

雪渓を登り切ると、火山湖の全貌が見渡せます。

噴煙はここからあがっていました!

焼岳


こちらは、頂上手前の丘?からの景色。 穂高連邦・上高地を少し見上げる感じでしょうか〜
焼岳

頂上へやってきました!
すごい賑わいでしたよ〜♪( ´▽`)

焼岳

頂上からの火山湖方面です。

焼岳

先ほどの手前の丘?とほぼ同じ方角をとったもの。

焼岳

西穂高岳山荘や、ロープウェイ、焼岳小屋やそのルートがよくわかります。
焼岳小屋の屋根は赤色じゃないんですね〜

バッジを集めている私たちですが、あそこまで下って買う気にはならず。。。
また別の機会にゲットしたいと思います。

もくもくと煙を吹き出し、そこから漂う硫黄臭。はじめはくさいな〜と思っていたのに
慣れちゃうものですね!

焼岳

においが気にならなくなったところで、ランチタイム。
この日はさくっとコンビニおにぎり。そして、
コンビニプリンとコーヒー

焼岳

アルコールなしの健全な?ランチでした(゜m゜*)プッ

山では何を食べてもおいしいね!

でも、私としたことが、いつもの ぽてち を忘れてきちゃった(@。@;)残念〜

帰りにわんことすれ違いました。
その名も熊五郎。犬OKな山にはいつも一緒に登ってるんだそうです〜
(実は焼岳は犬NGだったのかも?書いてなかったから、、、と飼い主さん)
人間が手足を使って登るところもすいすいと登ります。
もともとわんちゃんは4WDだけど、熊ちゃんはほんとに強そうでしたよ〜(^^ゞ

はい。下山終了(笑)

帰りは途中の中の湯温泉に立ち寄りました。

焼岳

日本秘湯を守る会のメンバーのよう。

確かに秘湯だわ! 
上高地から下山後の近くの温泉の中では一番すきかも


よいトレーニングとなりました!

今年はテント泊に挑戦する予定なので、もっと体力つけなくちゃ!




*PPTについてはPulama Field(プラマ フィールド)のカテゴリをご覧下さい。
山の話 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »